練馬区の動物病院 犬 猫 イヌ ネコ いぬ ねこ 診療 ワクチン 救急 同行避難 ペットとの避難

若葉の美しい時期が到来です U^ェ^U (=^・^=)

本来ならば外に飛び出したい季節ですが「外出自粛」が続いています。
飼い主さん、ペットちゃんたちもストレスが溜まっていますね。
三密にならぬよう、一緒に散歩にでかけたり、家の中でのふれあいでストレスを解消してくださいね。
こんな時ですが、5月、6月には、いろいろやるべきことがありますよ!

☆狂犬病予防接種 --> 犬
☆フィラリア予防開始 --> 犬
☆ノミ・ダニの予防開始 --> 犬・猫・ウサギ

▼狂犬病予防接種
練馬区の会場での集合注射は中止となりました。
当院での接種は4月1日から開始していますので、ご来院ください。

▼フィラリア症
蚊から感染する病気です。親虫は心臓に住みついて重い症状を引き起こす恐ろしい病気です。
予防は、蚊の発生時期から蚊の発生終息一カ月後まで(東京では5月中旬から12月初めまでの間)毎月1回薬を内服させます。
このフィラリア予防薬の投与前には必ず血液検査で感染していないことを確認する必要があります。
当院では一度の採血でフィラリア検査と一緒に健康チェックのための各種血液検査ができます。病気は早期発見が大切です!通常時期よりもリーズナブルな費用で受けられますのでぜひご利用ください。

▼ノミ・ダニの予防
外での飼育でなくても、散歩で外に出る数分の間にも寄生する可能性があります。
人にも寄生する可能性がありますので要注意。
一般的な予防法は、頚部に薬剤液を滴下します。
ノミ・ダニの予防薬(スポッツ式、内服薬)は、動物病院で処方してもらいましょう。
外箱が似ていても効果が違うものがたくさんありますので、ご注意を。
最近はマダニが媒介する恐ろしい病気が報告されていますので、ご家族みなさんの健康のために、きちんと予防を心がけましょう。


愛玩動物と新型コロナウイルス感染症について

日本獣医師会が2020年5月1日に発表したペットと新型コロナウイルスに関する見解です。
↓↓↓
愛玩動物と新型コロナウイルス感染症について(令和2年5月1日付け日本獣医師会の見解)【PDF】

香港でのPCR検査で低レベルの新型コロナウィルスが犬から検出された報道について

■新型コロナウィルスの犬や猫への感染の可能性について
                             公益社団法人東京獣医師会
                             危機管理室感染症セクション
2月28日付、香港漁農自然護理署(Agriculture Fisheries and Conservation Depertment)によると、ペットの犬から新型コロナウィルスがPCR検査で低いレベルの陽性反応が見られた旨の報道がありましたが、下記の理由から日本のペットにおける新型コロナウィルスの感染は、現時点において問題にならないと判断します。

1.現時点の香港漁農自然護理署(AFCD)の発表では、犬の鼻と口の粘膜にたまたま付着した新型コロナウィルスを検出してしまった可能性があり、犬の体内で本ウィルスが増殖したかどうかは確定していません。(犬が感染したことを確認したわけではありません。)

2.もしペットに新型コロナウィルスが感染するとしても、コウモリなどの野生動物との接触がほぼないとされる日本のペット飼育環境においては、ペットへの新型コロナウィルスの感染があるとすれば、飼い主からペットへ感染する経路しか考えられませんが、その可能性も非常に低いと考えられます。
まずは、飼い主が新型コロナウィルスに感染しないように注意し、落ち着いてペットに対応しましょう。

“ドクターズファイル”に掲載されました!

街の頼れるお医者さんを紹介しているドクターズファイルの動物病院版に院長のインタビューが掲載されました。
来院するペットちゃんや飼い主さんへの想いや、ワンちゃんネコちゃんをお預かりしている時の様子などもお話ししていますので、ぜひご覧ください。
ドクターズファイルはコチラ>>


防災対策

非常時に備え、大切なペットの防災対策していますか?
大地震に備えて「ペットとの避難セミナー&シンポジウム」が開催されました。
日にち:2013年3月9日
場所:練馬区役所

ここ数十年のうちに高い確率で発生すると言われている「首都直下型大震災」。家族の一員としてのペットも一緒に被災した場合の対策を考える必要があります。
東日本大震災の時に宮城県石巻市で被災した動物やペットたちの支援を行ってきた阿部獣医師をお迎えして、練馬区におけるペットの避難対策を考えました。
レポートをぜひご一読ください。レポートはこちら[PDF]>>

・・・・・・・・・・・

(1)ペット用の非常用持ち出しバッグを用意しましょう。
 中に入れる物は、
 ・餌、水(3〜5日分)
 ・食器(折りたたみ式の物もあります。)
 ・ペットシーツ、うんち処理袋
 ・ティッシュ
 ・健康手帳…動物の情報(病歴、持病、ワクチン接種記録)

 あったらいい物は、
 ・非常用アルミブランケット
 ・ウェットティッシュ

(2)自宅が安全でなくなったら
 練馬区の避難拠点は“同行避難”が認められていますが、動物が苦手な人も避難されてきます。
 すみやかに受け入れてもらうために、日頃から基本的なしつけをしておきましょう。
 避難時はキャリーバッグに入れましょう。(避難拠点ではケージ代わりになります。)
 各種ワクチン、ノミ・ダニ予防も忘れずに!
 また、飼い主さんと離れてしまった時に備え、マイクロチップの注入が推奨されています。

 ※飼い主さんも動物も、安全で適切な避難生活ができるように日頃から心がけておくことが大切です。

いざ、という時は…
 いつも与えている薬もお忘れなく!

更新情報・お知らせ

2015/10/25
「ドクターズファイル」の記事を掲載しました。
2013/3/30
「ペットとの避難セミナー&シンポジウム」のレポートを掲載しました。
2012/10/20
防災対策を掲載しました!

↑ ページの上部へ